お金が欲しい女のキャッシング比較

世の中お金でしょ!!!

今の世の中何でもお金が必要ですよね。
お金がないと何もできない世の中です。
生きていくうえで電気も水も食べ物も住むところも洋服もお風呂も何もかもにお金がかかっているのです。

 

毎日生きていくのにお金は必要、そのためには頑張ってお仕事をして労力をお金に変えなくてはです。
でも実際には労力に見合っただけのお金がお給料としてもらえているのか、またもらえたお金もすぐに必要な物として消えていってしまうのです。
そんな毎日をしている私ですがやはり生活が苦しくなりキャッシングをすることにしました。

 

一昔前は消費者金融から借りるのが早く借りれるということもあり、またキャッシングができたのも消費者金融でした。
ところが今ではその消費者金融業界は苦戦を強いられているので大手消費者金融しか存続していないのです。。
その代りに銀行カードローンを始めたのでそちらに人が流れてしまったということも要因の一つのようです。

 

消費者金融っていうとなんかイメージが悪いですよね。
でも銀行って聞くとなんだか馴染みがある分勝手に健全だと判断してしまっているのではないかと思います。

 

私は消費者金融でも銀行カードローンでも借りたことがあります。
でも最近は銀行カードローンで借りることが多いような・・・
だって金利が安く専業主婦も借りれるからです。
消費者金融では専業主婦は借りることできなくなってしまったという残念な法律ができてしまったのです。

 

パートをしていればそれなりに借りれるようでがやはりあちらも商売なので貸したら帰ってくることが重要なのでそのあたりを審査されるようです。
銀行カードローンの最大のメリットは金利が低いことです。
これが1番の魅力かなっておもいます。

 

お金が欲しくてキャッシングをする必要があるときが私はあります。
そんなときにもちろん低金利で借りれるところでキャッシングします。
金利代だって無駄にできませんからね。
そこで最近は消費者金融で借りたのを銀行でカードローン借り換えをすることがあります。
借り換えによって得することが出てくることもあるのです。

 

銀行カードローン借り換え

 

消費者金融で借りたローンをそのままの契約で返済するよりも銀行カードローン借り換えをすることをお勧めします。

まずは銀行カードローンで消費者金融の残金をかりて返済をする。

銀行カードローン借り換えをしたことによって低金利でその金額を返済していくことができる

 

このことによりメリットが生まれるのです。

メリット

銀行のカードローンの場合金利が低いので利息に大きな差がでます。
例えばA社で100万円借り入れていた場合は金利を年間15%で支払っていくので30日間で12328円かかります。
それをB社の銀行同じ100万円借り入れると金利が年間12%となり30日間で9863円で済むのです。

 

つまり2465円の差がでます。

 

これって少しかと感じるかもしれませんがこの金額があったら何ができるかと考えてしまいませんか?
金利に差が生まれることがポイントで返済額が少なくなるわけではないので間違いないようにしましょう。

デメリット

 

逆にデメリットもあります。

 

新たに契約することになるので手続きをしなくてはならない点です。
書類のやり取りが主になることがおおいでしょう。

 

また借り換えするときに返済日までの利息を含めて金額の借り換えになるので少し元金残高が増えてしまいます。

 

メリットデメリットがあるのでどちらがベストな案件かはその人によって違うと思いますが私は銀行カードローン借り換えをお勧めします。